上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
筑後川マラソン 後編

一方の長女。

何分か前まではBラインに来て一緒に走ろうとしていたが、やっぱりAラインに行くと直前に変更。

長女の方が体調があまり良くないのがわかっていたので、無理だけはしないようにと心の中で思っていた。


そしていざスタート。

自分たちからはスタートして自分が遅れるまで全く長女の姿は見えなかった。

自分が長女の姿を見たのは元気に折り返してきてすれ違う際に、「あ、お父さん」と声を掛けてくれた時だけ。

次女もその折り返しの際にしか長女の姿は見れないぐらい、あまりにも自分が足を引っ張ってしまったのだ。(次女も折り返しの際、励ましの言葉をくれて安心した。)


終始、応援の方や走っているランナーの方々に沢山の応援を頂きながら長女はペースを落とす事も無く、あっさりと完走。

走っている男性、女性ランナーの方々に、「一緒について行っていい~」 「え、小学生~」 「おれたちもうダメやな~」等、長女も次女も、大人顔負け状態でのゴールとなったみたいだ。


長女の記録

IMG_0105.jpg


女子総合4位 グロス 1時間37分53秒 ネット 1時間37分50秒

入賞の賞状

IMG_0106.jpg


副賞の栄養ドリンク(50本)と石鹸セット

IMG_0112-1.jpg


IMG_0108.jpg  IMG_0113.jpg


長女は今回果敢にレースに挑んで好タイムを残せたが、もし次女が同じスタートラインから併走して走っていれば、正直どっちが勝ったのか、またタイムがもっと出せたのか。

もしかしたらお互いにオーバーペースで自滅、そして故障の原因を起こしていたのかもしれない。

次女には勝負させてやれなく申し訳ない気持ちでいっぱいだが、ただ少なくとも娘たちはまだ小学生、これから何度もチャレンジ出来るし、二人とも足、身体の痛みがほとんど無く、今日も無事に友達と遊びに行けた事は、実はこれでよかったのかもしれない。


ここ数か月はほとんど短い距離での練習で、一度もロング走等のハーフマラソンの練習をやってきた訳ではなく、レースの目的はあくまで練習していない持久力の強化の一環の位置づけであり、本命は〇〇出場なんだから。


今日の夜 約2キロのウォーキング+娘たちと少しだけサッカーの練習

IMG_0115.jpg




スポンサーサイト
2014.10.13 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。